会長挨拶(令和3年7月1日更新)

 佐賀県では、令和3年度全国小学校社会科研究協議会研究大会を開催すべく準備を進めてまいりました。昨年度は、新型コロナウィルス感染防止対策のため、県内の先生方を集めての大きな研修会やプレ大会の実施ができませんでした。また、中央から講師の先生をお呼びして研修会も開くことができませんでした。しかし、2つの会場校では、本番の公開授業のために、校内を中心とした授業研究会を開きながら準備しているところです。

 このような中、ワクチン接種も進み、佐賀市では、教職員の優先接種も進んでいます。しかし、全国的には、感染状況が下げ止まりになっている地区やワクチン接種が十分進んでいないところもあるようです。このような中、1月の状況を正確に予測できない状況で、準備を進めていくことにたいへん困難さを感じております。

 そこで、佐賀県としましては、開催形態を早めに決定し、しっかり準備していくことが必要であるという決断に至りました。関係の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、以下のような形態で大会を開催いたします。詳細につきましては、秋の全国理事会での報告や大会要項の送付をもって、お知らせしたいと思います。

 1月に皆様と佐賀の地でお会いできることを心から祈っております。

  佐賀県小学校教育研究会社会科部会 会長 平田陽介

             (佐賀市立巨勢小学校 校長)

 

  【大会概要】

  1.期 日  令和4年1月28日(金)

  2.会 場  第1会場(巨勢小発表分科会)・・・グランデはがくれ

          第2会場(赤松小発表分科会)・・・マリターレ創世

  3.日 程 

  • この形態は、神奈川大会を参考にして、駅近くの会場で開催する形式となっています。
  • 日程については、現段階の計画です。詳細は最終案内でご確認ください。
  • 資料発表につきましては、誌上発表のみといたします。各発表者及び担当都道府県会長様へは文書にて連絡済みです。